2018年3月14日水曜日

今回は自分の好きな西洋画について書かせてもらいます


1月のとある日 得意先のN社のN社長のご紹介で茨城県にある「染めQテクノロジィ」の本社・ショールームを見学する機会があった。
最先端の技術で特徴ある塗装材を開発・製造・販売するメーカーでそれ自体も非常に興味深かったが、最後に商品展示室で出会ったアングルの「泉」をモチーフにしたオブジェに出会いびっくりした。
トイレットペーパーを高く積み上げてその側面に「泉」の上部を黒のスプレーで吹きつけたと思われる作品でその発想にも驚いた。
大きさを知ってもらうため、弊社北関東支店の長谷川哲也次長に写真に入ってもらった。



ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングル(1780-1867)が「泉」を完成させたのは画家として晩年に近い76歳(1756)だった。
アングルの絵としては画質が荒いが、その静謐性、永遠性は他の作品を上回る。中心に立つ女性はまだ少女と言っていい程若いが、その無表情と滑らかな身体はまるで陶器のようだ。
「泉」とはもう60年(!!)の付き合いになる。

小学生の時代 取り立てて学業も運動にも取り得のなかった私は本を読むことが好きな何処にでもいる少年だった。小さい頃から読書が好きで、よく小学生用の小説類を読んでいたが、その合い間に美術全集も見ていた。小学4年生頃になり、段々自分の好きな画家が定まるようになりいつも開くようになったのは、ダヴィットやアングルの生きた新古典主義の時代だった。
暗くてひんやりした印象の図書室の片隅で自分の身体と殆んど変わらない大きさと重さの本を引き出しては床に広げて見ていた。アングルの「泉」と「グランドオダリスク」はどちらも若い女性の裸体画だ。だから近くに人がいる時にはそのページは開けなかった。だが誰もいないと見ていて何時までも見飽きなかった。
今ならばそれらの絵の持つ美術性や意味合いを述べることは出来るが小学生には判らない。それよりこのような裸体画に強く惹かれる自分はおかしい(異常な)のではないかと秘かに悩んだ時もあった。

時は流れ社会人となり、自分で稼いだ金で何かが出来るようになり、最初に実行した非日常性行動といえば、音楽愛好家集団のヨーロッパ旅行に紛れ込みパリのルーヴル美術館でそれらの絵の実物を観ることだった。
「グランドオダリスク」の現物の前に立った時の興奮は今でも憶えている。ただどういう訳か(貸し出しが激しいからだが)「泉」とは出会えなかった。その後行った二回目のルーヴルでも会えなかった。
その「泉」と出会えたのは、なんと1981年日本の上野の国立西洋美術館の「アングル展」だった。二回目に会ったのは2005年の横浜美術館「ルーヴル美術館展」であったから不思議だ。


Google Art Culture「泉」 ← ここをクリック



その後 年齢や知識(?)と共に絵画の趣味や好みはどんどん変わっていった。モネやルノアールが当然のように好きになり、またその先でフェルメールやクリムトに行き着き、今ゴッホやピカソの一部に強く惹かれる。自分には自ら絵を描いたり文章を書いたり音楽を奏でる才は全く持つ事なく現在まで至ってしまったことは残念だが、それらを観て読んで聴いて楽しむ趣味を授けてくれた両親には深く感謝している。





2017年12月18日月曜日

野口興産ウインターコンサート

11月29日(水)に代々木上原にある音楽ホール・ムジカーザで野口興産主催の5回目のウィンターコンサートを開催した。
お客様は得意先とメーカー・商社・設計事務所など106名、弊社社員・家族・スタッフ20名を加え。全126名だ。

今回は演奏者が今までと大分変り、ヴァイオリンの高木弾君はそのまま(3回目)だが、ピアニストは飯田俊明氏、ソプラノは鷲尾麻衣さんに出演してもらった。
私も飯田さんの演奏は何回か聴いたことがあり、その力量はわかっているつもりだったが、こうしてホールで一番前に座りジックリ聴いてみると今までとはまた違った。
最初の音から今まで響いたことのない程の強音で、それが当日のコンサートのいい幕開けとなった。
次のヴァイオリンとの合奏も十分息の合った演奏で安心できた。
合奏とピアノ独奏を経てソプラノの鷲尾さんが登場した。
最初の一曲で彼女の美声と美貌が観客の心を捉えたことを感じた。
飯田さんは一曲毎に曲の解説をしてポイントや聴き所を面白く指摘する。
第一部はクラッシック音楽だが、殆んどがよく知られているか、または聴いたことのある曲で聞き手との隔たりは感じられなかった。
第二部は映画音楽から日本歌曲・ポップスまで演奏者の得意な楽曲が続き、これまた大いに盛り上がった。

時間はあっという間にすぎアンコールまで声援と拍手が続いた。
終わってみれば殆んど時間を感じさせない2時間であった。
お帰りになるお客様から「良かった」「楽しかった」の声をいただいた。
翌日も多くの人からお礼の電話とメールをいただいた。
またアンケート結果も殆んど好評であった。
私が特に感じ入った曲を夫々に挙げさせて貰うと、高木弾君では映画音楽の「シンドラーのリスト」やるかたない弱音部と訴えかける強音部が美しいメロディの上を踊っていた。
演奏が終わった後の一瞬の静寂が印象的であった。
飯田さんは出だしの序奏も観客を圧倒したが、お客様から音符をもらって作り上げた即興の曲はこれは正直驚きだった。
作曲もこなす本人にしてみれば慣れた事かもしれないが、紡ぎ出された曲はその場で作ったとは信じられないメロディに変化してこれもまた大好評。
鷲尾さんから一曲を挙げるのは難しい。
どの曲も確かなテクニックに支えられプッチーニから中島みゆきまでこなす歌手だ。
でも私の好みから言わせてもらえばヘンデルの歌曲だろうか。

こうして会社の名前を冠したコンサートが続けられるのは今のところ会社が順調なのと、今回スタッフと呼ばれる若手の社員が惜しみなく活躍してくれるからだ。
それは本当に感謝している。

来年も私の気力と体力が続き、会社が許してくれるなら続けたいものだ。

代表取締役社長 野口裕二

ピアノ:飯田俊明さん ヴァイオリン:高木弾さん

飯田俊明さん

ソプラノ:鷲尾麻衣さん

ヴァイオリン:高木弾さん




2017年7月24日月曜日

弦楽四重奏 死と乙女


2017年7月15日
夕刻から新大久保のスタジオ・ビルトオージという小さなホールで弦楽四重奏 モーツアルトの第14番「春」とシューベルトの同じく14番「死と乙女」を聴いてきた。

演奏は最近聴く機会の多い高木弾君の属する【カルテットカッツェ】
(ヴァイオリン:高木弾・八巻由里子、ヴィオラ:矢澤麗子、チェロ:塚本慈和)
一緒に聴きに行ったのはいつもの音楽仲間四人とだ。

捜し歩いたホールは地下1階のキレイだが50人も入ると一杯になるようなホールだった。
後で聞いたら当日は70人をギューギューに詰め込んだそうだ。
どうりで狭くて暑いはずだ。
自由席ということで気持ち早めに行ったら、なんと一番前の真ん中が空席になっていたので、ちょっと迷ったがその席に座らせてもらった。
ファーストヴァイオリンのイスから2メートルと離れていない。

そんな訳で出だし好調から始まったが、やはり真ん前の真ん中の席となると音の量と質が違う。

それはモーツアルトが始まってすぐそう思った。
ヴァイオリンの弦と弓が触れ合う微妙な弱音や、持ち物が震える程のチェロの低音、今まで聴くだけで見えていないCDではヴァイオリンとチェロのオマケのように聴いていたヴィオラの音が見えることで生き生きと聴き取れた。

モーツァルトは確かにモーツァルトの作曲でモーツァルトらしさに溢れていた・・・だが久し振りに音楽魂を揺す振られたのはシューベルトの「死と乙女」だった。

勿論、昔から好きな曲で若い頃は名演奏と云われるレコード盤を借りて来てはよく聴いたが、ここしばらく聴く機会はなかった。
それが・・・最初の強音からガンガン直接響いてくる。
シューベルトにしては無駄な旋律の一切ない音の連続が張り詰めた緊張感を持って途切れることなく続く第1楽章 曲名の第2楽章変奏曲 第3楽章スケルツォ そして終楽章ロンドに続いた。
絶望感・諦感・束の間の愛らしい哀感・闘争心、まるでシューベルトの短い人生のような疾走感が綯い交ぜになって全身に響く。
『ああ、このまま終わることなく永遠に続けば良いのに』と思う数少ない演奏だった。
元々シューベルトにはそうした名曲がいくつか有る。

それにしても終わって思ったのは、名曲・名演と言えども聞く側にも体調・タイミングがある。
その上で久し振りに出会えた至福の瞬間であった、ということだ。

演奏者の皆さん 有難う!。



2017年6月1日木曜日

井上道義と大阪フィル

M銀行のN部長のご好意によりいただいた招待券で
2月22日東京芸術劇場のコンサートホールでショスタコービッチの交響曲11・12番を夫婦で聴いて来た。
指揮は井上道義 オーケストラは大阪フィルハーモニー交響楽団だ。
指揮者の井上は今 大人気の指揮者で頭はツルツルだが、背が高くハンサムで曲の盛り上がるシーンでは指揮台から飛び上がるほど力強い。
拍手と共に入場し一礼してサッとオーケストラに向き合い曲に入る姿もカッコいい。
とても70歳とは思えない!
創立70周年を迎えるオーケストラもダイナミックな音も出すが、基本的には日本人らしい正確さと律儀さに満ちている。
特に弦が。
曲は浅学にして初めて聴く11番と12番だったが、それなりに充分楽しめた。
特に11番は楽章の切れ目無しに続く全曲70分の大作で革命をモティーフにしている。

曲が終わって音が鳴り止むと思わず深い溜め息が出た。
堅いプログラムにも関わらず広いホールの客席はほぼ満席と言っていい状態。
それに東京芸術劇場の大ホールは音の響きが良く残響も深くもっとも好きなホールだ。

私も若い時に較べると、ピアノ曲などは別だが、大曲をこうしてホールに出かけて聴くことも
自宅で自分の好きなクラッシック音楽(ワグナー・ブルックナー・マーラーなど)を大音量で聴く機会も
極端に少なくなってしまった。
大曲を聴くには日常とは別個の時間とそれなりの集中力および体力が必要だからだ。
自身の精神の清浄と向上の為にも、たまにはこのような機会が必要だなと痛感した一夜であった。

招待券を下さったN部長 有難うございました。



youtubeより
エルガー「威風堂々」 第1番 / 井上道義 大阪フィルハーモニー 【1997年】

2017年4月3日月曜日

歌麿の画集

小学館から喜多川歌麿の画集「THE BEAUTHY」が発刊されました。
確かに欲しいは欲しいのですが、A3版 厳選100画で定価12万円。
消費税を入れると福澤さん13枚出して百円玉が数個コロコロ戻ってくるという大冊!
流石にウーンと呻りました。
大体好きな歌麿は既に色の美しい複製版画で殆んど持っていますし、
特に好きな「物思恋ものおもうこい」などは家庭と社内に同じ摺りの版画を2枚持っている位です。

ただ昔、写楽の全版画集が出版された時、やはり値段でしばらく躊躇していたら無くなってしまった事があります。
子供達からも「そんなに迷うなら買っちゃえば」と一部助成金も出たので思い切って、いつも面倒な本を頼む女性店長の本屋さん発注しました。
そして「入荷しました」との連絡を受け、喜び勇んで絵を受け取りに行って・・・ビックリです。
外側のダンボール箱を開け、板紙の包装を開き、重たい本の爪鍵を外してページをめくりました。
流石に絵は素晴しい印刷で、箱根の岡田美術館に2回も足を運び拝み見た「深川の雪」の初コピー3枚折から始まり「品川の月」「吉原の花」と進みニンマリしたのですが・・・

真ん中から後半部分はギラギラした春画に覆い尽くされていたのです。
皆様ご存知の通り私はこうした淡白な性格ですから、浮世絵は死ぬほど好きですが、春画は苦手です。
頁を捲っていてみるみる興奮が冷め、腰が引けます。
あまりにどぎつい、というのが素直な感想です。
絵として楽しめるのは「歌満くら」までです。
そんな訳で娘達にも「見てご覧」と渡せないし、ただ私の書庫に一人ドン!と居座っています。

どなたかそれを承知の上で見たければお貸ししますよ。

物思恋

歌まくら

2017年3月1日水曜日

「平野美穂氏の版画購入」

またまた悪い癖が出て、新進作家の平野美穂氏の版画を2枚購入してしまいました。



日曜日のとある日

たまたま用があって家内と池袋東武百貨店をブラブラしていたら、小さく同氏の展覧会が開かれていました。
何気なく会場に入り、絵を見ていたら、どれも作品の殆んどが可愛い女の子の裸体画で、その中の「うたげ」という版画セットの「朝顔」と「紫陽花」を特に気に入ってしまいました。
「また始まった、マズイマズイ」と思いながら家内の顔を見たら こちらもマンザラでもない表情。
普段は私の気に入った絵には厳しい評価が下されることが多いのに。
作者本人もいて、一緒に写真など撮ったりして
とても元戻りできそうにない状況となり、結局我が家の居間に少女が二人並んで立ちずさむ事になりました。

また機会があれば会社の一角に貸し出します。


2017年2月16日木曜日

野口興産クリスマスコンサート

 昨年12月15日の夜 代々木上原のムジカーザで開いたクリスマスコンサートが無事 終わった。
無事かどうかは誰が判断するかによって異なるだろうが、まずは大きなトラブルも事故もなく という意味だ。

外部のお客様を招いて行うクラッシックコンサートはこれで4回目となる。
定員120名のホールに定員一杯のお客様と15名からの社内スタッフにお手伝いしてもらう。
音楽イベントは時間と共に流れ、停滞も巻き戻しもできないから 無事終了するとホッとしてドッと疲れが出る(自分が演奏しているのでもないのに)。
そんなにシンドイならもうお終いにすればいいのに、「楽しかったよ」の言葉を掛けられるとまたやりたくなる。
これもイベント会社に頼めば我々も観客側から楽しむことが出来るだろうが、一つ一つを自らの手で組み上げるから野口興産としての催しとなり、会社の文化として継承されるのであろうと考える。

演奏者四人は前回と全く同じで、前回の評判が良かったのでそうした。
技術水準がいいことと既に気心がしれていて進行に不安のないことが一番だ。

ホールと演奏者の選定から始まり、構成、曲目の選定、全体のバランスを保つと同時に盛り上がりも必要だ。
また休憩時の軽食(フォアグラ弁当とサンドウィッチ)と飲み物(国産赤白ワインと極上の日本酒)も用意した。
野口興産のこのコンサートはお得意先様・関係メーカー・商社の方々とその配偶者・家族・友人を対象にしている。
子供も拒みはしない。
毎年のように外国人も何等かの繋がりで来られる。

今回無記名のアンケートを書いていただいたので、来られた方々の率直なご意見が得られた。
中には厳しい意見もあったが大半は好意的なお気持ちをいただけた。
今は会社も順調なので、このような社長の趣味の延長線のような行事も許してくれている。
それには十分感謝している。
ただ演奏を聴いていて、またその後記録のDVDを見てこのパターンでの演奏としては殆んど行き着いたな、続けるなら何等かのチェンジ・再チャレンジが必要なことも痛感した。

今年、野口興産は45周年となり、そしてその後5年後には50周年を迎える。

数々のイベントが計画されるだろうが、その中の一つとしてこのクラッシックコンサートが継承されることを切に望むものである。